うさぎとかめとインデックス投資

投資は楽しむもの、急がないで歩こう。種を播いて、水遣って、肥料も少々、あとは実がなるのを待つだけ。インデックス投資をコアとし資産増やし、自らも成長したい。

今年からのつみたてNISAは楽天証券でお世話になります。

こんにちは、こんばんはかんぽっくりです。

ちょっと出遅れましたが…表題の通り、つみたてNISAの証券会社を乗り換えました。いままではSBI証券でしたが、今年からは楽天証券です。

f:id:kanpokkuri:20190209181221p:plain
www.rakuten-sec.co.jp

なぜ楽天証券

つまり、楽天カードから積み立てると年間60万円分とはいえポイントが付くからです。それも1%ですからスゴイ!いままで可能な限りコストを抑えるために様々な投資信託ETF(海外ETF含む)を乗り換えてきました。

インデックス投資を初めて12年程度になりますので、数えればキリがないくらいです。その頃でも手数料無料の投資信託もありましたので良かったのですが、これからはポイントという形ですが、1%頂けるということです。これってスゴくないですか?

1%頂けるメリット

これは単純に600,000円の投資で6,000円のポイントが付きます。仮に1年で言えば606,000円の投資額になります。通常の600,000円の投資と比べると以下のようになります。

 f:id:kanpokkuri:20190209175241p:plain

 積立かんたんシミュレーション | 投信積立 | 投資信託 | 楽天証券より

※単純化するために1%のポイントを毎月の積立額に入れました。

 このシミュレーションはざっくりし過ぎているかもしれませんが、総額にして80,000円も変わってきます。単に楽天カードで積み立てるだけでこの恩恵が得られるのはスゴイですよね。

Web siteが分かりやすい!

つみたてNISAの設定をする際には久しぶりにWeb siteに行ってあれこれ相殺しましたが、SBI証券より比べものにならないほど使いやすいく分かりやすいですね。一時期、楽天カードの券面のダサさ楽天カードマンのせいで敬遠していたのですが、好感が持てました。しかしやっぱり楽天市場は使いにくそう…。アプリもあるのでずいぶん改善されてそうですが、買い物はAmazon派です。

何を積み立てるのか

これはSBI証券で積み立てていた投資信託と同じにしました。

eMAXIS Slimシリーズを全世界株式相当を積立てしています。

上記を10:80:10の割合で購入していきます。

ホントはeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の経費がバラ売りと同額が少しでも安くなれば乗換へも検討するのですが、とりあえず様子見ます。

先日のFOY2018でもeMAXIS Slim が7本受賞しています(20ファンド中)ので、良いですね。しばらくは楽天証券にお世話になりそうです。どうぞよろしくお願いいたします。

ただ、私の既存の投資信託(約1,000万)・妻のつみたてNISA(40万)・子どもの未成年口座(4人分 各お年玉分)は若干面倒なので、引き続きSBI証券にお世話になります。こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

それでは、かんぽっくりでした!

2018年12月末時点の月例レポート(投資によるもののみ)

こんにちは/こんばんは、かんぽっくりです。

ブログ更新をある程度はしていきたいと思っています2019年の1月の本日です。今まで行っていた月例レポートは大きく変わらないため、年に2回にしたいと思います。きり良く6月末と12月末です。では最初の12月末ということで2018年の12月末を振り返りたいと思います。

12月時点のアセットアロケーション

(描画中)

byバリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

2018 年6月からの各資産割合の変化です。ちょっとの変化ですね。ある程度金額が多くなてきているので、変化も少ないです。

投資先 2018年6月 2018年12月
日本株 8.8% 7.7%
先進国株 55.1% 56.4%
新興国 6.4% 6.5%
日本債券 26.1% 27.8%
先進国債 0.4% 0.4%
新興国債券 0.4% 0.4%
日本REIT 0.4% 0.4%
先進国REIT 0.4% 0.4%

2019年の投資先は昨年度と変わりありません。ただし、私のつみたてNISAの講座をSBI証券から楽天証券に変更いたします。妻の講座は引き続きSBI証券です。

投資以外部分ですが、この他に生活防衛資金として銀行口座に約2年分相当の金額はございます。

つみたてファンド

eMAXIS Slimシリーズを全世界株式相当を積立てしています。

上記を10:80:10の割合で購入しています。

こちらも年初以来変わっていません。コツコツ投資するのみです。

損益推移

f:id:kanpokkuri:20190106155603j:plain

2018年12月末時点の損益推移

投資元本:¥10,959,879(6月から138,890円の増加)

評価額:¥10,005,211(前月から648,829円の減少)

損益額:-¥954,047(前月から745,047円の悪化)

損益率:-8.71%(前月から7.63%の悪化)

まとめ

10月頃までは相場の調子も良かったのですが、12月に入り世界同時株安と円高の影響で結構なマイナスになってしまいました。しかし、こんなことで相場から逃げてはいけません。長期投資家は上げって嬉しい・下がっても嬉しいということで、頑張って聞きたいと思います。

それでは、かんぽっくりでした!

新年明けましておめでとうございます。

こんにちは/こんばんは、かんぽっくりです。

f:id:kanpokkuri:20190102103618j:image

駄ブログに偶然にもご覧いただいた方、新年明けましておめでとうございます。妻の実家にいるのですが、時間がありますので、箱根駅伝を見ながらブログを書いています。

今年の7月で投資歴14年目に突入します(口座開設は2005年6月27日、投資開始は2005年7月19日)。思い返せば投資し始めた頃はマネー雑誌を毎月のように読んで、おすすめの個別銘柄や投資信託を真に受けて投資していました。今は個別銘柄はやっていませんが、当時は個別銘柄にも手を出していました。

私の取引履歴はこちら↓↓↓

f:id:kanpokkuri:20190102101531p:image

また、当時は楽天証券だったのですがスクリーニング機能を活用して、夜な夜な銘柄選定に精を出していました。さらに恥ずかしながらとある投資サイトのおすすめ銘柄を参考にして売買を繰り返しておりました。今思えば馬鹿らしいサイトにお世話になったと思っています。チャート分析にも精を出し、ほぼ忘れていますが『ゴールデンクロス』や『MACD』は今でも覚えています。

過去には色々やっていましたが、2007年からはセゾン投信に200万を投じてインデックス投資家として新たな船出となりました。積立を続けて(浪費もありますが)約1500万まで増やすことができました。これも相場に居続けることができた賜物だと思っています。

これからも「つみたてNISA」を中心に相場に居続けたいと思います。

今後とも不定期な更新ですが、どうぞよろしくお願いします。それでは、かんぽっくりでした!

やってもうた~!「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に投票し忘れた!

こんにちは、こんばんはかんぽっくりです。

タイトル通り、投票し忘れました。

仕事がバタついていたので、「11月30日までに投票すればいいや」と先延ばしにしていました。昨日も出張中でしたので、地域の顧客とほぼ一日中一緒でした。中々自分の時間が取れない中、帰りの新幹線でも忘れてしまいました。投票できないですが、私なりに一応投票したつもりでイベントは楽しみたいとします。

では、何に投票するつもりでいたかというと…、

eMAXIS Slim 先進国株式 5票です。

これは私が投資しているメインのファンドです。

毎月、eMAXIS Slimシリーズを全世界株式相当を積立てしています。

上記を10:80:10の割合で購入しています。 

なぜ上記ファンドに投資しているかは過去に記載していますので、御覧ください。

usagi-kame-indexinvestment.hatenablog.jp

来年は忘れないようにするぞ!そして、更新もしていきたいと思います。

それでは、かんぽっくりでした!

投資方針について_2版(18年8月改定)

こんにちは/こんばんは、かんぽっくりです。

いままで記事にしたものを整理したいと思います。

f:id:kanpokkuri:20180803105521j:plain

①長期投資・国際分散投資・つみたて投資

こちらは投資の鉄則でもある「長期投資・国際分散投資・積立て投資」です。

・長期投資

私はもうすぐ40歳になるアラフォー世代です。定年やそれ以降まで投資を続けていくつもりでいますので必然的に長期投資になります。

・国際分散投資

投資を始めて間もない頃(10年以上前)は国内の個別銘柄中心でしたが、ライブドアショックで退場寸前までいきました。程なくしてインデックス投資をしり、「卵は一つのカゴに盛るな(意味)」を実践。

・積立て投資

サラリーマンですので、定期的な収入があります。タイミング見計らう事を止め、年間120万円を積立てします。そしてSBI証券の毎日積立サービスを利用し(銀行自動引落)、時間の分散も行います。口座は私・妻のつみたてNISA口座(40万×2口座)をメインに積立を行います。残り40万は課税口座(特定口座)にて積立てを行います。

②リスク資産は株式中心

「長期なら株式投資がベスト」と、かの有名なシーゲル教授が言っています。
私の残りの人生がその『長期』に当たるかといえば中期ぐらいな気がしますが、といっても仕方ありませんので株式中心の投資を行います。

③債券やリートなどのその他資産は不要(国内債券は除く)

・債券(先進国)は山崎元さんが昔から説かれてますが、『外国債券の期待リターンは日本債券と同じである ※参考記事』という考えに共感し、同じ期待リターンであれば為替リスクの少ない国内債券にします。
・リートなどのその他資産は分散投資という視点では入れておいたほうが良いのでしょうが、②でも述べましたが、長期投資→株式中心と決めたのと株式の中には不動産業の会社もあるためシンプルにしたいということで思い切って不要としました。
※一部バランスファンドを保有していますが、資産の2%程度なので実質無視できる程度です。

④国内債券(変動10年)を加え、リスクコントロール

私は今までで感銘を受けたブログの記事があります。それはリスクコントロールです。
詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、資産配分に国内債券(変動10年)を加えてリスク(標準偏差)を下げ、狼狽売りせずにいたいと思います。具体的に国内債券を3割程度保有します。

⑤主な投資はインデックスファンドで

昨年に海外ETF(一般口座)から完全撤退し、投資信託のみになりました。
現在の積み立てしている投資信託は以下の通りです。

生活防衛資金は潤沢に

生活防衛資金を準備し、相場に居続ける事をこれからも実践します。現在は生活費の約1年半以上のお金を定期預金で確保しています。

⑦売る時は躊躇なく売ります。

山崎元さんの楽天証券のコラムで売り時について以下のように書かれていました。
(1)お金が要る時
(2)その銘柄を買った理由がなくなった時
(3)その銘柄のリスクが過大になった時
(4)素晴らしく期待リターンの高い他の銘柄が見つかった時
良く買値にこだわるために「売る時を誤ったり」・「やれやれ売り」などは行いません。

⑧つみたてNISAを主軸とします。

年間120万を目安にしますので、つみたてNISAだけでは足りません。SBI証券の積立てならば、つみたてNISA分がオーバーしても課税口座で引き続き積立てできるので安心しています。

⑨子どもにも積極的に投資について話します

未成年口座を作り、4人の運用を設定しました。
毎月1,000円だけですが、毎年正月にでも運用成績がどうだったかなど話しても良いかなと思ってます。(拠出金は私ですが)我が子は立派な個人投資家?です。

 ⑩投資にかける時間は多すぎず少なすぎず(今回追加)

趣味や子どもとの時間、仕事の時間を十分取り『ほったらかし』を実践します。
 
以上、投資方針_2版(18年8月改定)として記したいと思います。
それでは、かんぽっくりでした!

 

投資方針の改定について(後半)

こんにちは/こんばんは、かんぽっくりです。

前回の投資方針についての続きです。

usagi-kame-indexinvestment.hatenablog.jp

前回と同様に前回の表記(黒)と今現在の方針()を比べつつ、最後は纏めてシンプルに表現したいと思います。

⑤主な投資はインデックスファンドで

今現在(2017年10月時点)、海外ETF(VT・VIG・VYM)とインデックスファンド(各種)を併用しています。しかし、海外ETFから撤退し国内のインデックスファンドのみで運用します。
→昨年に海外ETF(一般口座)から完全撤退し、投資信託のみになりました。
 

生活防衛資金は潤沢に

生活防衛資金を準備し、相場に居続ける事をこれからも実践します。
現在は生活費の約1年半以上のお金を定期預金で確保しています。
一度半年程休職した事がありますが、傷病手当金生活防衛資金のお陰で焦らず療養出来ました。
→前回同様に1年半以上の生活費を貯めており、安心しています。

⑦売る時は躊躇なく売ります。

山崎元さんの楽天証券のコラムで売り時について以下のように書かれていました。
(1)お金が要る時
(2)その銘柄を買った理由がなくなった時
(3)その銘柄のリスクが過大になった時
(4)素晴らしく期待リターンの高い他の銘柄が見つかった時
良く買値にこだわるために「売る時を誤ったり」・「やれやれ売り」などは行いません。
→これも同様に変わりありません。

⑧つみたてNISAを主軸とします。

せっかくの税制優遇があるのでフル活用します。私の分だけでは足らないので妻の分も使い、愚直に積立てます。iDeCoは私の勤め先が認めてないため入れません。妻はパートに出ているので活用できますが、活用するか検討中です。所得が少ないため所得控除の恩恵が受けられるかわからないためです。妻名義の年金があっても良いと思いますので前述の理由と合わせて検討中です。
→年間120万を目安にしますので、つみたてNISAだけでは足りません。SBI証券の積立てならばつみたてNISA分がオーバーしても課税口座で引き続き積立てできるので安心しています。

⑨子どもにも積極的に投資について話します

少し前に未成年口座を作り、4人の運用を設定しました。
毎月1,000円だけですが、毎年正月にでも運用成績がどうだったかなど話しても良いかなと思ってます。(拠出金は私ですが)我が子は立派な個人投資家?です。
→これも変わりません。子どもへの投資の教育についても積極的に行います。

⑩投資にかける時間は多すぎず少なすぎず(今回追加

2005年から投資を始めましたが、当初はどうやったらパフォーマンスが上がるかどうか日々考えていました。本もたくさんお世話いなりました。数年前からですが、リターンを高めるよりもリスクコントロールをした方が良いことが分かってきました。というか個人投資家の私はそれしか出来ません。なので、焦ることなく「ほったらかし」を実践し、趣味や子どもとの時間、仕事の時間を取ることを優先します。
 
次回は纏めたいと思います。
それでは、かんぽっくりでした!

 

TV版インベスターZの子どもの反応について

こんにちは/こんばんは、かんぽっくりです。

今回はTV版のインベスターZについてのお話です。

f:id:kanpokkuri:20180803172741p:plain

先日からインベスターZのTV版が放送されました。

www.tv-tokyo.co.jp

そしてあらすじです。

道塾学園はハイレベルな授業、豪華な校舎と絵に描いたような札幌の進学校。ある秘密をのぞいては――。学園内では全教科満点の成績トップで入学した、財前孝史(清水尋也)の話題で持ちきり。部活の勧誘が殺到する中、強引に孝史の手を引く女子が現れる。ひとつ先輩の藤田美雪(早見あかり)だ。勧誘?もしやモテキ?だが連れて来られたのは図書館にある怪しげな隠し部屋…そこは学年トップの生徒で構成された「投資部」だった!
投資とは?金儲けとは?実在の企業・人物も登場し、リアルと虚構が交錯する異色経済学園ドラマです。

http://www.tv-tokyo.co.jp/investorz/intro/

以前に、私も漫画版を全巻購入し、居間の書棚に並べてあります。子どもにも開放し子どもの投資教育の教本として毎日のように読んでいます。そこで、テレビが始まるということで、録画しました。が、しかし子どもの評判はすこぶる悪い。

いろいろ聞きましたが、まとめると漫画と…、

ストーリー・情景が異なる だそうです。

子供としてはアニメで良いのでそのままの忠実な再現を要求しているようです。私も見ましたが、深夜番組なのでちょっと大人向けな部分もあり、小学生の子どもには「理解が出来ないな~」という感じです。

漫画の実写版の違和感は今に始まった訳ではありません。

www.cinra.net

 

男子校でなかったり、お色気あったり、変なコントもあるし。しかし、ナレーションがホリエモン堀江貴文)だったり、四季報を発刊されている東洋経済新報社も出たり、次回はメルカリの社長も出るし、昔あった変に企業名をモジりぼかした感じがまったくないのが私には好印象です。録画は続けていますので一通り見たいと思います。

結局は好みの問題なので仕方ありませんが・・・。皆さんはご覧なられてますか?

それでは、かんぽっくりでした!

follow us in feedly